新着情報

調剤薬局栄養士

こんにちは(#^.^#)

今月のブログは新潟県三条市にあります わかば調剤薬局 管理栄養士の萱森が担当させていただきます✨

今回は「クルミ」についてお話しさせていただきます。

私の実家にはクルミの木があり、毎年秋になると収穫しています。

実はクルミは栄養価抜群で「ミラクルフード」なんて呼ばれていたりもします。「食欲の秋」ということで、今回はクルミのすばらしさを紹介したいと思います。

 

クルミについて

「人類が口にした最古の木の実」とも言われるクルミ。1本の木から1年に約1500個以上のクルミを栽培することができるそうです。

クルミは世界中に約20種が自生しているとされます。その中でも、日本ではオニグルミやヒメグルミといった品種が自生しています。食用にされるものとそうでないものがあるので、自宅で育てる時には用途に合わせて種類を選ぶ必要があります。

クルミは実がなるまでなんと5年もかかるそうです・・・(;’∀’)

収穫時期は、9月下旬から10月上旬です。果実は熟すと外果皮が裂開して自然に落ちるので、拾って収穫します(オニグルミは外果皮が裂開せずに落果します)。収穫した果実は、外果皮を取り除き、洗浄、乾燥させて保存します。食べる際に、フライパンで殻のまま炒って、殻を割り、身を取り出します。

フライパンで炒ると家中にクルミの香ばしいにおいが漂います。(*´▽`*)

このようにクルミは収穫してすぐには食べられないんですね😢

 

くるみの栄養価

クルミはナッツ類の中で「オメガ3系脂肪酸」が最も豊富に含まれています。

先月(9月)のブログでもオメガ3脂肪酸のことを記載した記事がありますので、そちらと併せてお読みください!

脂肪というと「脂肪=体によくないというイメージがどうしても根付いてしまっているのではないでしょうか?

しかし、脂肪は私たちの体に必要なものでもあり、また様々な種類の脂肪が存在し、体に良い脂肪悪い脂肪があります。

脂肪はエネルギーを産生し、ビタミンの吸収を助けたりし、体に必用な栄養素です。また満腹感を与えることができるため、食べ過ぎを防止することもできます。

オメガ3脂肪酸には、悪玉コレステロール値や中性脂肪値を下げたり血管を柔軟に保つ効果があり、糖尿病や心臓血管疾患、肥満やメタボなど生活習慣病予防のリスクを下げたりします。

さらに、くるみには、ポリフェノールやメラトニンなどの抗酸化(※)値が多く、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、マグネシウムなどのビタミンやミネラルをはじめ、食物繊維など健康維持・増進に必要な成分が含まれています!

 

(※)抗酸化とは

リンゴが酸化して茶色く変色するように、人間の身体も酸化します。体が酸化すると、身体や血管の老化が進み、シミやシワ、肌荒れなどの肌トラブルが起きたり、生活習慣病やがんの引き金となったりなど、さまざまなトラブルの原因になると言われています。抗酸化とは、「体の酸化を抑えること」です。

 

どうやって食べたらいいの?

おすすめは毎日ひとつかみ程度食べることです!ひとつかみで1日に必要なオメガ3脂肪酸をとることができます。

※食べ過ぎには注意してください。クルミは脂質が多いので、カロリー過多で逆効果になってしまいます。食べ過ぎを防止するためにもよく噛んでお召し上がりください。

 

今回は東北地方の郷土料理である「クルミゆべし」をご紹介します。

私は東北地方出身なのでよく食べていました!(^^)!

もちもちの生地にサクサクのクルミがマッチして美味しい一品です!

電子レンジだけで作れますのでご家庭でぜひ作ってみて下さい。

 

東北地方の郷土料理

レンジで簡単!クルミゆべし

<材料> 4~5人前

●白玉粉

100g

●ぬるま湯

150g

●黒砂糖

70g

●醤油

大さじ1/2

・クルミ

40g

・きなこ

大さじ2

・片栗粉

適量

 

作り方

①クルミはレンジで2分ほど加熱し、細かくつぶしておく。

②●を耐熱容器に入れ、しっかり混ぜ合わせる。

③②にラップをして、レンジで2分加熱し、よく混ぜる。

④③に①ときなこを入れ、混ぜたら、再びレンジで2分加熱する。

⑤よく練りまぜたら、片栗粉を敷いた上に④を伸ばして冷蔵庫で冷やし固め、切り分けて完成!

 

※加熱後は熱いので火傷に注意しましょう。

※④で少し白玉粉の粉っぽさが残る時はもう少し加熱してください。

 

 

食欲の秋!ということで、いろいろな旬の食材を食べて元気に過ごしましょう~♪

 

次回のブログもお楽しみに~!

 

 

参照:カリフォルニアくるみ協会

 

調剤薬局栄養士
栄養士コラム, 栄養士のつぶやき

こんにちは!

9月の栄養士コラムを担当します、小立野あおば薬局 管理栄養士の畝です。

暑さもようやく一段落し、季節の移り変わりを感じる頃となりました。みなさん、体調の変化にはお気をつけ下さいね。

 

さて、先日スーパーに行った際、ある商品に目が止まりました。

「えごま油」と「アマニ油」が目立つ場所で大量陳列されていたんです。血圧や血中脂質の改善に効果があるといわれている“オメガ3”が豊富に含まれているため、近年注目されています。

ところで最近では色々な種類の食用油が販売されていますよね。一口に油といっても、色々な種類と働きがあるので、脂肪酸の種類と、多く含まれる食品について、簡単にまとめてみました。(油は、脂肪酸が組み合わさってできています。)

この4種類のうち、オメガ6オメガ3(の主成分のα-リノレン酸)は人の体内では作り出すことができないため、「必須脂肪酸」と呼ばれ、必ず食品から摂る必要があるんです!ただ、それぞれ正反対の作用を持っているため、バランス良く摂ることが大切です。

冒頭のお話に戻りますが、現代人の食生活ではオメガ6が過剰摂取気味と言われています。魚を食べる頻度も減り、不足しがちなオメガ3 を多く含むえごま油やアマニ油が注目されているんですね。

ただし、えごま油、アマニ油の加熱調理は厳禁です。みそ汁やサラダ、コーヒー、ヨーグルトなどにそのままかけて摂りましょう。目安量は小さじ1杯とされています。

また、とても酸化しやすいので、早めに使い切るようにしましょう!

ちなみに、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」で定められているオメガ3(n-3系脂肪酸)の1日あたりの摂取量は、成人男性 2.0g~2.2g、成人女性 1.6g~2.0g となっています。

この量を摂るには焼いたサンマで約半尾、お刺身5切程度です。以外と手軽に摂れると思ったのは私だけでしょうか?

肉や乳製品からの動物性脂質ばかりに偏らないように、今が旬のサンマなど、ぜひ積極的に食卓に並べてみてくださいね!

最後に、サンマを使った変わり種のレシピをご紹介します。

さんまとかぼちゃのコロッケ

材料(8個分)

○かぼちゃ

○さんま

○玉ねぎ

○カレー粉

○塩コショウ

 

1/4 個

100g

1/3 個

お好み

少々

 

○小麦粉

○卵

○パン粉

○サラダ油

〇揚げ用油

 

適量

1個

適量

大さじ1

適量

★作り方
1)さんまを3等分に切り皿に乗せ、10mlの酒(分量外)を入れて1分電子レンジで加熱する。
2)さんまの身を軽くほぐし、軽く水気を切ったらフライパンでフレーク状になるまで炒める。
3)かぼちゃを小さく切って10分電子レンジで加熱し、フォークで潰す。玉ねぎはみじん切りにし、サラダ油をひいたフライパンで炒める。
4)2)と3)と塩コショウ(たっぷりめ)、カレー粉を混ぜて、成形する。
5)小麦粉→溶き卵→パン粉の順で付け、きつね色になるまで揚げて出来上がり♪

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回の栄養士ブログもお楽しみに!

調剤薬局栄養士

 

こんにちは!

 

新潟県新潟市中央区にある、あおば薬局女池店管理栄養士 森田みずきと申します。

今月のブログを担当させていただきます。よろしくお願い致します(^^)/

 

8月に入り、いよいよ夏本番!🌞 毎日毎日、暑くて大変ですよね。

 

突然ですが、みなさんはお弁当を作ることはありますか?

新潟市では6月頃から30℃近くの日もあり、お弁当袋に保冷剤を入れるようになりました。💦

 

お弁当は、お料理を作ってからしばらく時間が空いて、食べることがほとんど・・・。

衛生管理が気になる方も多くいらっしゃるかと思います。

 

本日のブログは、お弁当を作るときに気を付けたい食中毒!についてお話していきたいと思います。

 

 

ひとくちに食中毒といっても様々な種類に分けられますが、

梅雨から夏の時期に注意して頂きたいのが「細菌」に由来する食中毒です。

 

なぜ夏は細菌由来の食中毒に注意しなければならないのでしょうか??

理由は、「高温多湿」な日本の環境に由来するんです💡

 

 

食中毒の原因となる細菌は、ジメジメした湿気のある環境を好みます。

さらに、食中毒を引き起こす細菌の多くは、室温(約20度)くらいで活発に増殖し始め、

人間の体温ぐらいの温度で増殖のスピードが最も速くなります。

 

梅雨時期から夏場は最も細菌が生息しやすい温度帯なんです。

事実、細菌性の食中毒は6月から9月に多発するといわれています・・・!

 

 

では、細菌の増殖を防ぐにはどうすればいいのか??

 

食中毒の基本3原則「つけない」「ふやさない」「やっつける」を心がければ安心です!

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

 

  • 「つけない」

・手洗いをしっかり行う

・調理器具やお弁当箱は清潔なものを使用

・出来上がったお料理が手に触れないように、手袋を使用

 

  • 「ふやさない」

・生野菜は細菌が増殖しやすいので夏場は注意

・ミニトマトの「ヘタ」は細菌が繁殖しやすいので取ってから良く洗い、つめる

・ごはん、おかずともに粗熱をとってからお弁当箱の蓋を閉める

 

  • 「やっつける」

・お肉、お魚などのおかずは中までしっかり加熱

・卵は半熟ではなく、固ゆででより安心

・作り置きしていたおかずは75℃以上に再加熱してからお弁当につめる

 

 

この3原則を心がければ、お弁当作りも安心してできるかと思います(^^)/

 

このブログを書くにあたり、食中毒についていろいろ調べ物をしていましたが、

農林水産省HPに「お弁当に関する3分クイズ」が楽しめる動画がありました。

 

私も動画を見てみましたが、実用的でとても勉強になる内容でした!

もっと詳しく知りたい!クイズをやってみたい!という方はぜひご覧ください。

https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/lunchbox.html

 

 

 

さて、今日のレシピはこちら!お弁当にぴったりの茄子の肉巻きです!

 

 

↓↓

 

 

 

なすと大葉の肉巻き(2人前)

 

 

★材料

豚バラ ・・・ 8枚程度
なす ・・・ 中くらいの大きさ2本
大葉 ・・・ 8枚程度
塩・こしょう ・・・ 適量
片栗粉 ・・・ 大さじ1
サラダ油 ・・・ 適量
Ⓐしょうゆ、みりん、酒 ・・・ 各大さじ1
Ⓐにんにくチューブ ・・・ 1~2cm程度
一味、七味唐辛子 ・・・ お好みで

 

★作り方

① なすのヘタを取り、縦に切ってなすを4等分にする。

② 豚バラ、大葉、なすの順番でまな板の上に置き、豚バラで大葉となすを包むように巻く。

③ ②に塩・こしょうをふりかけ、さらに片栗粉をつける。

④ フライパンにサラダ油をしき、豚肉の巻き終わりが下になるように③をフライパンに置く。

⑤ 中火ですべての面に焼き色が付くように肉を回転させながら焼く。

⑥ Ⓐを混ぜ合わせたものと水大さじ1(分量外)をまわし入れ、弱火~中火で蓋をして5分蒸し焼きにする。

⑦ 盛り付けて完成!

 

 

1口サイズにすればお弁当のおかずにもぴったりです!

簡単に作れるのでぜひ作ってみて下さい!

 

 

では、今回のブログはここまで(^^)/

次回のブログもお楽しみに~!!