新着情報

介護施設栄養士
栄養士だより

5月の栄養士ブログは、つつじガーデン小千谷の山田が担当いたします!

令和4年1月から入社した新人ですが、ご利用者様が元気になるお手伝いができるよう

精一杯頑張りたいと思います。 よろしくお願いいたします!

 

 

つつじガーデン小千谷では毎月、昼食に主菜のメニューを2つ提案して、


ご利用者の方に選んでいただく『セレクトメニュー』を実施しています。

「選ぶ」ってワクワクしますよね♪

 

今回は牛丼ニラ玉丼でした!

 

 

 

牛丼を選んだ人数と、ニラ玉丼を選んだ人の人数はほぼ同じ数でした!

5月は季節の変わり目。気圧や気候、寒暖差が激しいので体がだるくなったり、

疲れが取れにくかったり…。

いろんな条件が合わさって体調が崩れやすくなっています。

スタミナをつけて「五月病」に負けない体を作ってほしい…。

そんな願いを込めて「丼物」のセレクト献立を立案しました。

 

               美味しくてにっこり^^

 
 
 
 
 
 
 


《身体をつくる タンパク質の話》

タンパク質は体の中で分解されて筋肉や骨、臓器、免疫細胞だけでなく爪や髪など、
あらゆる細胞の成分になる他、栄養や酸素を運ぶ役割やエネルギーとなる
糖質が足りないときは代わりにエネルギーとして消費されます。
お肉、特に豚肉に含まれているビタミンB1は体内で糖質をエネルギーに
変える際に必要な栄養素です。そのためにご飯やパンをたくさん食べても、
ビタミンB1が不足しているとエネルギーへの変換効率が悪くなってしまいます。
また、脳はブドウ糖を分解してエネルギーを作るため、ビタミンB1が不足すると
十分なエネルギーを作ることが出来ず、記憶力の低下や情緒不安定、
うつ病などを引き起こす可能性があります。
そのビタミンB1が不足して起こる有名な病気の1つが「脚気(かっけ)」です。

脚気はビタミンB1を多く含む玄米から白米を主食とするようになり、

副食が不足していた明治時代には「国民病」と呼ばれるほど

広くみられていた病気でしたが、副食からビタミンB1を

摂取できる現代では少なくなっています。

しかし、極端な偏食やインスタント食品、アルコールから

糖質を摂り過ぎることが原因でビタミンB1不足となり発症する方もいるようです。
このようにビタミンB1には心身を活性化させ、健康な状態に保つ効果があるので
健康には欠かせない栄養素なのです。
また、お肉の脂肪には必須脂肪酸の1つであるアラキドン酸が含まれています。
アラキドン酸の一部は脳内で「アナンダマイド(至福物質)」
呼ばれている物質に変化します。
このメカニズムによって私たちはお肉を食べると「幸せだなあ」と感じるのです。
みなさんもお肉を食べて五月病を吹き飛ばし、
きたる夏の暑さに負けない体を作りましょう!
最期まで読んでくださり、ありがとうございました。次回のブログもお楽しみに。

2022.04.12

春ですね!

介護施設栄養士
栄養士だより

みなさん、こんにちは!

今回ブログを担当します、つつじガーデン三条裏館の伴内です。

宜しくお願い致します。

4月に入り、気温も暖かくなってきましたね。

つつじガーデン三条裏館では、先日ご利用者様と一緒にビオラの花を中庭に植えました。

 

「花と花の間を少し広げたほうがいい」と率先して植えてくださいました。

「花がきれいだね」「花があると春がきた感じがするね」と、みなさんにとても好評でした。

 

ひなたぼっこも気持ちよさそうです。

 

今日は気温が高かったので、いつも以上に皆さんに水分を取っていただきました。

 

普段口にしている水にも、ちゃんと成分が含まれています。

水にはカルシウムマグネシウムカリウムナトリウムなどのミネラルが含まれており、そのミネラルの量によって硬水軟水に分かれます。

<硬水>
 硬水マグネシウムやカルシウムを多く含んでおり、独特の味がします。
 アメリカやヨーロッパの水は硬水が多いと言われています。
 軟水に慣れている日本人は、下痢をしてしまう可能性もあるので注意が必要です。
 
<軟水> 
 硬水マグネシウムやカルシウムを多く含んでいません。
 日本の水はほとんどが軟水です。

料理の用途によって、硬水と軟水を使い分けると、普段の料理が一段と美味しくなります。

<硬水>
 ・運動中や運動後のミネラル補給
 ・肉料理を作るとき(肉のアクを取り除いてくれるため)

<軟水>
 ・赤ちゃんのミルク作り
 ・和風のだしを取る時や、煮物など味が繊細な料理の時
 ・コーヒー・お茶・お酒など香りを楽しむ飲み物を作る時

興味がある方は、是非お試しください!

また来月更新致しますので、お楽しみに!!

介護施設栄養士
つつじガーデン三条, 栄養士だより

本日もブログをご覧くださりありがとうございます。

今回の栄養士だよりを担当します、つつじガーデン三条 管理栄養士の有田です。
どうぞ宜しくお願い致します。

長い冬が明け、ポカポカ陽気の春が近づいてきましたね

春の食材は菜の花春キャベツ4月になるとたけのこ山菜が出てきたり

果物では、いちごが旬の時期を迎えています!

新潟の春は短いですが、食べるとを感じられて良いですよね🌸

さて、本日のお話ですが、噛むことについてお伝えしていきます。

皆さんは普段食事をとる際に無意識に『噛む』という動作を行っていると思います。

 

『噛む』ということはあごの骨筋肉の発達や、

大脳の働きを活発にすること、

唾液の分泌を促して消化を助け口腔内をきれいに保つのにも効果があります。

 

日本では平安時代から戦前までの長い間、おこわ、玄米、麦飯などを主食とし、おかずは主にを食べていました。

一回の食事時間は約22分、噛む回数は1420回ほどでした。

 

しかし戦後になると食事が欧米化していくとともに食事時間も噛む回数も急速に減り、

時間にして約11分、噛む回数は約620回と戦前の半分となっています。

ハンバーグやパン、パスタなど、やわらかい食べ物が多くなり、

たくさん噛まなくても飲み込むことができてしまいます。 🙁 

 

『噛むこと』には

だけでなく歯茎頬の動き唾液量歯並び噛み合わせ)、口周辺の筋肉

大きく関係しています。

噛んでいても口の中にずっと残っていたり、口からこぼれてしまうことはありませんか? 

噛んでいる噛めている とは限りません。

 

噛む回数が減ることで筋肉の衰えや歯並びに関係したり、歯の喪失や合わない入れ歯を使用していると、

上手に食べ物が噛めずに、やわらかいものを好んで食べる傾向があります。

 

・好きだった硬いおせんべいが食べられない。

 

・お漬物がうまく噛めない。

 

このような方は「オーラルフレイル」の可能性があります。

 

 

「オーラルフレイル」とは、

オーラル→ 口腔     フレイル→ 虚弱

噛む力、飲み込む力弱くなり、今まで食べられていたものも食べにくくなります。

 

口腔内の機能が低下することで活気が無くなったり、

低栄養につながるリスクがあります。

 

主な原因は加齢による歯の喪失や筋力の低下によるものとされています。

 

オーラルフレイルの可能性をチェックできる簡単な項目がありますので、

ご自身やご家族同士でチェックしてみてください 💡 

 

結果はいかがでしたか??

 

オーラルフレイルの可能性が低かった人でも、高齢になるにつれて可能性は高くなります。

 

今のうちから予防していきましょう(^^)/

 

 

オーラルフレイルを防ぐためには・・・

 

[1]栄養

・3食バランスよく食べましょう

お肉ばかりでなく魚や野菜、果物も摂るようにしましょう。

特にたんぱく質は筋肉の素となります。肉、魚、卵、大豆などしっかりと摂ることが大切です。

 

出典:厚生労働省 e-ヘルスネットより

 

・歯科の定期受診をし、口腔を健康に保ちましょう

まずは歯を失わないことが重要です。

しかし、歯を失ったとしても自分に合った入れ歯をつけることで硬いものも噛むことができます。

 

 

[2]身体活動

・少しの時間でも散歩をするなど体を動かしましょう

 

・口を動かす運動をしましょう
(ぶくぶくうがい、口を大きく開けたり閉じるなど)

 

 

[3]社会参加

 

・友人や家族との会話、食事を楽しみましょう

 

・ボランティアや余暇活動など外出する機会を作りましょう

 

 

つつじガーデン三条のショートステイでも、毎日のレクリエーションや体操の他に

食事の前には口腔体操を行っています!

 

 

 

コロナ禍では、社会参加の部分は難しいところではありますが、

 

いつまでも健康で食事を楽しむために「しっかりと噛むこと」を振り返り、

 

できることから意識していきましょう!

 

また次の更新をお楽しみに(^O^)

 

参考:日本歯科医師会HP