新着情報

調剤薬局栄養士

こんにちは!

みていただきありがとうございます。

今回は新潟県のさくらんぼ薬局🍒宮口愛祐が担当します。

 

みなさんは10月といえば何を思い浮かべますか?

運動会やお月見、ハロウィンなどなど…あると思いますが、
私はなんといっても さつまいも !!

あのあま~~~い味を考えただけでよだれが… 😕 

 

今回は さつまいもの栄養 や おいしいさつまいもの選び方 についてお話したいと思います。

 

●さつまいもの主な栄養●

さつまいもは いも ですが、ごはんやパンと同じ炭水化物に分類されます。

炭水化物は体を動かすためのエネルギー源になります。

 

さつまいものエネルギー量は100gで134kcalです。

中サイズ1本(約250g)のエネルギー量は335kcal、これは大盛りのご飯1膳分のエネルギー量と同じくらいです。

 

ほかにも、便秘解消にオススメな食物繊維や、むくみ解消に役立つカリウム、美容にいいビタミンCビタミンEなど、
さまざまな栄養素が豊富に含まれています。

 

また、皮の近くには栄養が特にたくさん含まれています✨
きれいに洗って調理し、皮ごと召し上がると無駄なくさつまいもの栄養を摂取できます。

 

 

●さつまいもの甘さの秘密●

さつまいもは70℃程度の低温でゆっくり加熱することで甘みが増します。

これはなぜでしょう??

 

さつまいもには アミラーゼ という酵素が含まれています。

このアミラーゼがさつまいもに含まれるでんぷんを糖に変えて甘くしてくれます。

 

アミラーゼの活動が一番活発になる温度帯でゆ~~~っくり加熱すると、酵素が長い時間働くことができ、
たくさんのでんぷんが糖に変わるため、さつまいもが甘くなります!

 

●おいしいさつまいもの選び方●

・ふっくらと太っていてラグビーボールのような形をしている

・ずっしりと重い

・皮の表面にヒゲや凹凸や斑点がなく、つるんとしている

・皮の色が鮮やかで、色むらがなく、黒く変色していない

 

このようなさつまいもに出会ったら最高!ぜひ美味しく召し上がってください♪

 

●おうちで焼き芋を作ろう●

焼き芋を自宅でおいしく作るのは難しい…と思っている方に朗報です!

 

炊飯器で!!

①キレイに洗ったさつまいもと水100cc程度を炊飯器に入れます。

②通常炊飯1回で完成!

 

オーブンで!!

①キレイに洗ったさつまいもをキッチンペーパーで包んでひたひたに濡らします。

②その上からアルミホイルで包みます。

③余熱なし160℃のオーブンで90分加熱したら完成!

 

電子レンジで!!

①キレイに洗ったさつまいもをキッチンペーパーで包んでひたひたに濡らします。

②ラップをふわっと3回巻きます。

③電子レンジの500Wで2分、200Wで10~15分加熱したら完成!

※200Wがない場合は解凍モードでも大丈夫です。

 

食べきれないさつまいもは冷凍しておくのがおすすめです。

冷蔵庫で3時間程度おいて半解凍状態にすると、冷たいおやつに 😎 

 

 

最後に簡単なさつまいもレシピを紹介します。

 

さつまいもとごぼうのガーリックスナック

材料(4人分)

・さつまいも  … 1/2本

・ごぼう … 1本

・にんにく … 1かけ

・塩 … 少々

手順

1)ごぼうとさつまいもはよく洗い、細切りにして水にさらす。

 にんにくはみじん切りにする。

2)フライパンに多めの油を熱してにんにくと水気を切ったさつまいもとごぼうを加え、

 中火で表面に色がつく程度までじっくり揚げ焼きにする。

3)油から上げ、塩で味を整えたら完成♪

♪さつまいもとごぼうに片栗粉をまぶして揚げ焼きにすると、さらにカリカリに♪

★ポイント★  

さつまいもとごぼうの食物繊維たっぷりレシピです。

≪食物繊維の働き≫

・便秘の予防をはじめとする整腸効果

・血糖値の急上昇を抑える

・血液中のコレステロール濃度を下げる

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。
次回の更新をお楽しみに♪

つつじガーデン三条裏館
施設コラム

いつもつつじガーデン三条裏館ブログをご覧いただきありがとうございます<(_ _)>
看護師西村です!(^^)!

夏から秋への季節の変わり目ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
換気で外の空気を室内に入れると、気持ちの良い風が入るようになりましたね 😆 
夜は特に冷えることがあるので、皆様温かくして寝てくださいね!
当施設でも夜間の室温管理を行い、寒さを感じる利用者様には布団や洋服の調整をして対応させていただきます 😉 

先月は利用者様があやとりをしている様子を写真でご紹介しましたが、今回はがあやとりをしているところを紹介させていただきます(^^♪
私自身あやとりはあまりやったことがないので、初心者だったのですが、利用者様と一緒に楽しめるように練習を重ねてできるようになりました☆

それでは、あやとりの開始です!!!!!

失敗しながら真剣に取り組んでいる私です 😮 

利用者様に見つめられながらあやとり中です!利用者様の温かい眼差しがありがたいです 🙂 上手にできてるね!!ここはこうするともっとうまくできるよ!」とアドバイスをいただきました 😛 

アドバイスをいただいて、再度利用者様に見てもらいました☆

利用者様から「上手だね!昔を思い出すね、あやとりよくやったよ」と言ってもらいました 😀 

当施設ではあやとりブーム到来中です★みんなで楽しくあやとりをしています 😆 利用者様が真剣にあやとりをしている姿はまるで子供時代に戻ったかのようです 😛 

利用者様にあやとりをしてもらうだけでなく、職員も一緒にあやとりをして体験を共有することはとても大切なことだと思っています。
楽しい共有体験から利用者様も職員も自分らしさありのままの自分を認識することに繋がります!
職員も利用者様と一緒に楽しい共有体験ができるように努力をしていきます 🙂

最後までご覧いただきありがとうございました<(_ _)>

つつじガーデン三条
いろはカルタ, サツマイモの葉, 栄養満点, 調理レク

皆さん、こんにちは。
つつじガーデン三条 看護師の高橋
(高橋は、今回初ブログになりますので、どうぞあたたかく見守って下さい。<(_ _)>)
介護の諏訪田です。

今日は、つつじガーデン三条のにて採れたサツマイモサツマイモの葉・利用者様のご家族様より頂いたナスぷらにして食べていただきました。<(_ _)>

皆さん、さつまいものが食べられるのをご存知ですか?実は…さつまいもの葉には身体にうれしい栄養が含まれていて、さつまいも自体よりも葉の方が多く含まれている栄養もあるのです!

その一つのビタミンCはコラーゲンの構築の際に補酵素として機能する事や、抗酸化作用など、様々な生体機能に関与しています。人は体内でこれを合成出来ないため食べ物から摂取する必要があります。ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成されないので、貧血、筋肉減少、心臓障害、呼吸困難などが起こり、イライラしたり、顔色が悪くなるということも見られます。また、毛細血管や歯などを正常に保ち、皮膚のメラニン色素の生成を抑えるので、日焼けを防ぐ美容にも繋がります。最近はビタミンCの抗酸化作用が注目され、がんや動脈硬化の予防や老化防止も期待されています。

それでは、さっそく調理開始です。(*’ω’*)

まずは食べやすく切り、どんどん天ぷらにしていきます。( *´艸`)❤

サツマイモのいいりがしているショートステイのフロアーでは、何やら盛り上がっています。

今日は、レクリエーションで「いカルタをおこなっています。( *´艸`)天ぷらが出来上がるまで、たくさん体を動かしていただきましょう(*^-^*)♪♪(笑)

そして、完成したのがこちら(*’ω’*)利用者様に食べていただきます。皆さん美味しい美味しいとんでくださいました。あっという間に間食です。御馳走様でした。
103歳の利用者様は『さつまいもの葉を食べるのは戦争の時(第二次世界大戦)以来だ』と言ってられました。
今回は調理の様子を簡単にですが、報告させていただきました。最後まで読んで頂きありがとうございました。

次は何を作るのか笑・・・乞うご期待ください(*^▽^*)