新着情報

2019.04.01

初めまして! こんにちは!

介護施設栄養士
栄養士だより

初めまして! こんにちは!

三条市にありますショートステイつつじガーデン三条裏館で栄養士をしています伴内です。
 
 
 

4月からホームページが新しくなり、ブログを開設しました!

当グループの施設栄養士が順番に、施設ならではの健康に関する情報を栄養だよりに乗せて皆様に発信していきたいと思いますので、よろしくお願い致します  🙂

 

雪も解け、春の陽気が感じられるようになりましたね!

これからの時期は過ごしやすく、体を動かすにはとても良い季節です。

 
 
 
私が勤務している施設でも、機能訓練士による体操を午前に行っています 😀 
 

 
 
 
 

午後は、ご利用者様に合わせた機能訓練を行っています 🙂 
 

 

みなさん、熱心にされています ♪
 
 
 

年を重ねると骨がもろくなり、転倒して骨折のリスクが高くなります

その予防のためにも、適度な運動やカルシウム摂取が重要です。

そこで今回は、私たちの体の骨のもとになっている「カルシウム」について少しお話させてください。

 

みなさんご存じのとおり、カルシウムにはたくさんの働きがあります。

  ・骨や歯の材料

  ・イライラやストレスを静める

  ・血圧上昇の防止

  ・筋肉の就職

  ・血液凝固の促進       など

 

カルシウムが不足すると「骨粗しょう症」の原因にもなります。

 

カルシウムが豊富な食品と言えば

  ・牛乳などの乳製品    ・サバの水煮缶

  ・小松菜         ・ひじき

  ・レバー         ・さくらえび    などがあります

 

でも、これらの食品を大量に食べればいいというわけではありません。

カルシウムが体に吸収されやすいように応援してくれる

  ・豆類、大豆製品     ・ナッツ類

  ・海藻類         ・きのこ類

  ・魚介類         ・ごま

などと、一緒に毎日コツコツと食べましよう。

また、料理にお酢を使うことで、吸収しやすくなります♪
 
 
 
 

気をつけなければいけないことがあります。

塩分の多い食事やアルコールは、カルシウムの吸収を妨げます。

冷凍食品や加工食品、スナック菓子も同様です。

適量を守りましょう!
 
 
 

カルシウムをたくさん摂取すれば、骨が丈夫になるというわけ
ではありません。
 

適度な運動をしたり、カルシウムの吸収を高めるために日光浴をしたり、体を

動かすことで骨密度がアップします!

カルシウムを意識した食事、適度な運動を心掛け、骨が丈夫な体を目指しましょう!
 
 
 

 

最後に、レシピを1品ご紹介します♪
 
 

 
 

みなさま、ぜひお試しください!
 
 
 

今後も、随時更新致します!
 
 

ご期待ください 😆 
 

関連記事
  • 関連記事はありません