新着情報

調剤薬局栄養士
栄養士コラム, 栄養士のつぶやき

こんにちは!
石川県金沢市にある、朝霧台あおば薬局の管理栄養士 池田です。
2月のブログを担当させていただきます。よろしくお願いいたします。 

今月は2023年10月に石川エリアで開催した栄養教室について紹介いたします。

石川県立図書館「百万石ビブリオバウム」の食文化体験スペースで栄養教室を開きました。
今回のテーマは「骨粗鬆症」で、9名の方にご参加いただきました。

~プログラム~
・骨の硬さチェック(機器を使って計測しました)
・薬剤師による骨粗鬆症予防についてのお話
・管理栄養士による骨粗鬆症予防の食事についてのお話
・骨粗鬆症予防の調理実演(「しらすと小松菜のふりかけ」とアレンジレシピ)
・試食会、アンケート

栄養教室で実演した「しらす小松菜のふりかけ」をご紹介いたします。
しらすと小松菜にはカルシウムが多く含まれており、
しらすにはビタミンD、小松菜にはビタミンKも含まれているため、骨の形成を促します!

★しらすと小松菜のふりかけ

〈材料〉
・しらす ・・・30g
・小松菜 ・・・200g
・めんつゆ・・・ 大さじ1
・ごま油 ・・・大さじ1
・白ごま ・・・大さじ1

〈作り方(所要時間約20分)〉
1)小松菜を5㎜幅に切る。
2)フライパンにごま油をひき、1)を炒める。
3)小松菜のかさが半分になるまで、水気を飛ばす。
4)しらすを加えてさらに炒める。
5)めんつゆを加えて、フライパンの底に汁が残らなくなるまで炒める。
6)火を止めて、白ごまを加え混ぜたら完成!
ふりかけは水気をしっかり飛ばすことで、冷蔵庫で約1週間保存できます。

最後に調理実演した~しらすと小松菜のふりかけ~を使用したアレンジレシピをお召し上がりいただきました。こちらも簡単にレシピを紹介いたします!

①おにぎり
材料(1人分)
・精白米 ・・・70g
・水  ・・・100g
・★ふりかけ ・・・30g
(鰹節はお好みで)

〈作り方〉
1)洗米する。
2)炊飯器に1)と水を入れ、約30分水に浸したら炊く。
3)炊けたらふりかけを混ぜ合わせ、おにぎりにする。

②かぼちゃサラダ
材料(2人分)
・かぼちゃ ・・・130g
・玉ねぎ ・・・30g
・★ふりかけ ・・・大さじ2
・マヨネーズ ・・・大さじ2

〈作り方〉
1)かぼちゃのわたを抜き、カットしやすいように600W1分レンジにかけて、一口大に切る。
2)玉ねぎは横に半分切り、2~3mm幅にスライスして600W1分レンジにかける。
3)1)に2)とふりかけ、マヨネーズを入れて混ぜ合わせる。

③ちくわのクリームチーズ詰め
材料(2人分)
・ちくわ ・・・ 2本
・クリームチーズ・・・ 10g
・★ふりかけ ・・・大さじ2

〈作り方〉
1)常温で軟らかくしたクリームチーズとふりかけを混ぜ合わせ、バットの上に厚さ5mmくらいに伸ばして冷蔵庫で冷やす。
2)1)をちくわの穴に合わせて棒状にカットして、ちくわに詰める。
3)食べやすい大きさに切る。
4)(食べるまで冷蔵庫で冷やしておく。)

今後も栄養教室や栄養相談会を計画しております。お楽しみに!

最後までご覧いただきありがとうございました!
来月の栄養士ブログもお楽しみに♪

調剤薬局栄養士
栄養士コラム, 栄養士のつぶやき

🎍あけましておめでとうございます🎍

2024年を迎えました🐲🌅

皆様にとって素敵な一年となりますように✨

 

今月は、福井県福井市にある あおば薬局田原町店 管理栄養士の杉本が担当します。

1月になり、寒さが身に染みる季節となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

こんな時は温かいお茶と共に和菓子を楽しみたくなりますね🍵🍡🍘

ところで福井🦕では、になるとよく見かける和菓子があります。

 

それはなんと・・・「水ようかん」

水ようかんはとっても涼しげでつるんと食べられるため、に食べるイメージが強いかもしれませんが、

福井県民は、『冬の風物詩』として暖かい部屋でいただくのが主流となっています。

 

寒さが厳しい冬場に、温かい部屋の中で団らんのお供として長年親しまれてきた水ようかん。

 

そもそもようかんにはいくつかの種類があり、

あんと砂糖、寒天を練りながら煮詰めて固めた「練りようかん」

練りようかんから寒天の量を少なくし、水分を多くして作られる、みずみずしい食感「水ようかん」

あんに小麦粉や葛粉を加え、冷やし固めるのではなく蒸して固める、やわらかな食感「蒸しようかん」

などがあります。

 

それぞれのようかんを100gあたりのカロリーで比較すると、

 水ようかん171kcal < 蒸しようかん242kcal < 練りようかん296kcal
となっており、同じ重さであれば水ようかん一番カロリーが低いです。

 

しかし、ようかんには糖質が多く含まれているため、

糖質を制限している方や、糖尿病の方は注意が必要です⚠️

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

今回は、甘さ控えめの水ようかんレシピをご紹介します。

 

【甘さ控えめ お家で簡単水ようかんレシピ】4人分


〈材料〉

こしあん   300g

水     500ml

粉寒天     4g

氷水    適量

〈作り方〉

①鍋に水と粉寒天を入れて中火にかけ、ふつふつと沸いてきたら弱火にしてかき混ぜる

②①にこしあんを入れて、しっかり混ぜる

③こしあんが溶けたら鍋を火からおろし、氷水入りのボウルにつけて冷やしながら混ぜる(水が鍋に入らないように注意⚠️)

④粗熱がとれたら型に流し入れ、冷蔵庫で2~3時間冷やして固める

⑤水ようかんが固まったら型から取り出し、食べやすい大きさに切って完成!

 

★ポイント★

市販のあんこは砂糖が入っていて十分甘いので、砂糖を使わなくてもおいしい水ようかんを作ることができます。

お好みでつぶあんに変えてもおいしく作れます!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回の栄養士ブログもお楽しみに!

調剤薬局栄養士
お役立ち, 栄養士コラム

こんにちは!

今月は富山県富山市にあります あおば薬局中川原店 管理栄養士の早川が担当いたします。

 

今年も残りあと1カ月となりました!

毎年思うことですが、1年経つのは本当にあっという間です。。。

今年は暑い日が多かったですが、最近は気温も下がり、冬らしくなってきました!

 

今回は冬の旬の食材についてお話しします。

冬の旬の食材はいくつご存知でしょうか?旬の食材には以下のようなものがあり、様々な栄養素が含まれています!

白菜:カリウム、葉酸、イソチオシアネート(抗酸化作用)

人参:β-カロテン

小松菜:カルシウム、ビタミンC

長ネギ:葉酸、ビタミンC

レモン:ビタミンC、クエン酸

他にも大根やブロッコリー、たらなどもあります!

 

最後に、旬の食材を使った鍋のレシピをご紹介したいと思います。

 

(材料)

・白菜   200g

・人参   80g

・しめじ  1/2房

・長ネギ  1/2本

・鶏肉   300g

・水    600ml

★・鶏がらスープの素  小さじ1

★・塩 小さじ1

★・酒 大さじ3

・レモン汁 小さじ2

 

(手順)

1.白菜はざく切り、人参はいちょう切り、長ネギは斜め切りにする。

2.しめじは石づきをとり、ほぐす。

3.レモンを5mm幅程度の輪切りにする。

4.鶏肉は一口大に切る。

5.鍋に水と★、鶏肉と人参をいれて火にかける。

6.鶏肉に火が通ったらアクをとり、白菜としめじを加え、蓋をして5分ほど煮る。

7.長ネギとレモン汁を加え、レモンを乗せて完成。

最後までご覧いただきありがとうございます。良い年末をお過ごしください(*^-^*)

来年もよろしくお願いいたします。