新着情報

調剤薬局栄養士
栄養士コラム, 栄養士のつぶやき

こんにちは!

石川県金沢市にあります、小立野あおば薬局の管理栄養士 和田響可です。

5月の栄養士ブログを担当させていただきます。よろしくお願いします  😀  

今月は先月に続き、旬の食材にちなんだ内容をお届けいたします!

 

5月が旬の食材と言えば、皆さん何を思い浮かべますか?

色んな旬の食材があると思いますが、今月の食材は…

 

甘エビ

え!甘えびって5月が旬なの 😯 !?

そう思ったそこのあなた!甘えびの豆知識やレシピも紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください!

お寿司屋さんでも定番メニューの甘エビ、じつは正式名称を【ホッコクアカエビ】と言います。

「甘エビ」という呼び方は、もともとは北陸地方だけの呼び方でしたが、現在では日本全国で普及し「甘エビ」という名前が一般的になりました。新潟では「南蛮エビ」とも呼ばれています  🙂 

 

生物としては11年以上の寿命があるとされていて、生まれたばかりの甘えびは全てオスですが、5歳前後でメスに性別が変化するという面白い特性を持った生き物なんです 😯 

石川県では石川を代表する海産物として県民に親しまれ、特にお腹に青緑色の卵を抱えた子持ちの甘エビは特別な存在です。

漁は1年を通して行われますが、石川県では5月~6月と9月~10月が旬であり最盛期!

特に甘えびを生きたまま水揚げする「かご網漁」は石川県では1月~5月までの期間限定で、かご網漁で採られた新鮮な甘えびが食べられるのは5月までです!

 

栄養学的には高たんぱく低カロリーでヘルシーなだけでなく、甘エビの甘味成分であるグリシンにはコレステロールの上昇を抑える働きが期待されています。ほかにも、心臓や肝臓の機能を改善したり、疲労回復にも効果のあるタウリンが豊富で、殻にはカルシウムを多く含むため、殻も残さずいただきたい食材です 🙂 

水分が多く加熱すると身が小さくなるので、刺身で食べることが一般的ですが、美味しい出汁が出るので、お味噌汁に入れたり煮付けにするのも

 

そんな甘エビを使った今月のレシピはこちら!

甘エビの昆布〆

昆布でうま味UP!刺身の状態よりも日持ちするので保存方法としても◎

材料(2人分)※写真は1人前です

・甘えび(刺身用)  12尾

・昆布(乾燥)  幅5~7㎝長さ12㎝の物2枚

・塩       2つまみ もしくは小さじ1/6

・日本酒もしくは水     少々

①甘えびは裏表に塩を振って5分ほど置いておく。

②キッチンペーパーに日本酒もしくは水を含ませ、昆布の表面を拭いて湿らせておく。

③②の昆布1枚に①の甘エビを隙間なく並べる。

④並べた甘エビの上にもう1枚の昆布をかぶせ、隙間がなくなるように軽く押さえながらしっかりとラップで包む。

⑤冷蔵庫で15分寝かせたら完成!お好みですだち等を絞っても美味しく頂けます。

 

 

石川県では1月1日に能登半島地震が発生し、未だに震災前の生活を取り戻せていない地域も少なくありません 😥 

石川県産の食材を選んでいただく事でも、被災地の応援に繋がりますので、

ぜひこの際に石川県産の甘エビを手に取ってみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました 😀 

来月の栄養士ブログもお楽しみに!

 

参照 

JFいしかわ http://www.ikgyoren.jf-net.ne.jp/amaebi.html

いしかわ百万石食鑑 https://ishikawafood.com/foods/249/

調剤薬局栄養士
栄養士コラム, 栄養士のつぶやき

こんにちは!

今月は富山県富山市にある、あおば薬局くれは店 管理栄養士の水間が担当します☺🌷

よろしくお願いいたします。

 

3月となり、少しずつ春らしくなってきました🌸

この季節はひな祭りやホワイトデー、卒業式、お花見・・・など沢山のイベントがありますね!

美味しい物をついつい食べすぎてしまうこともあるのではないでしょうか?

          
                                                         

糖質やカロリーが気になるところですが、、、

やっぱり美味しい物は食べたいですよね!😁

 

そこで今回は糖質制限・ダイエット、糖尿病などで最近注目されている調味料をご紹介します✨

…それはレシピなどでも目にすることが多い、ラカントです❕

  

                                                                                                                                                             

ラカントとは、ウリ科の植物「羅漢果(ラカンカ)」の高純度エキスと、トウモロコシ由来のブドウ糖を発酵してつくられる天然甘味成分「エリスリトール」、2つの天然素材からつくられたカロリーゼロの自然派甘味料です。

                                                                                                                                                      
「羅漢果(ラカンカ)」は砂糖の300倍の甘みを持ち、「エリスリトール」は体内で吸収されずにそのほとんどが尿として排出されるため、カロリー・糖質ゼロとなります。😳✨

                                                                                                                                                                                          

砂糖と同じ甘さなので、レシピの砂糖をラカントに置きかえるだけで手軽にカロリー・糖質がオフできます♪

(❕ラカントは商品の性質上カラメル化・メイラード反応しませんので、カラメルや照りを作ることはできません。ラカント単体での加熱のし過ぎにはご注意ください。)

 

糖質やカロリーが気になる方はこの機会にいつもの砂糖と置き換えてみてはいかがでしょうか?✨

★このラカントシリーズは、くれは店でも取り扱っています
                                                                                                                                                       

ご要望があれば取り寄せますので、気になったらお気軽にお声掛けください😆🌼
                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

※ただし、カロリーゼロといっても調味料なので、そもそもの食べすぎには気を付けましょう!💦
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

そんな便利なラカントを使用した、3月の春の季節が旬のいちごを使った低糖質レシピをご紹介します😋🍓

 

 

 

🍓低糖質もちもちいちご大福

 

材料(4人分)-

・いちご…4粒

<【A】ぎゅうひ>

・白玉粉…40g

・ラカントSシロップ…40g (顆粒使用の場合、20gをお湯40gで溶かす)

・おからパウダー(無ければ、片栗粉)…20g

・絹ごしどうふ…60g

<あん>

・ゆで小豆(無糖)…30g

・ラカントS顆粒…15g
   
                                                                        

-作り方-

  1.  鍋にゆで小豆を入れ、ラカントSを数回に分けて加え、火にかけ、溶けたら止める。(※加糖ゆで小豆を使用し、甘みが気になる場合はラカントを入れずにお好みでOK)
  2.  ボールに【A】のシロップ以外の材料を入れ、シロップを数回に分けて入れてダマの無いようによく混ぜる。片栗粉使用の場合、シロップはパン生地くらいの硬さになったら入れるのをやめ、よく混ぜ合わせる。
  3.  4等分にわけ、丸めたら沸騰したお湯に入れ茹でる。
  4.  ラップを広げ、片栗粉使用の場合は片栗粉を周り全体にまぶす(分量外)
  5.  3を平たくし中心部に1といちご入れ包んだら完成!または、3を丸いまま上部に切り込みを入れて挟んで完成!✨

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
💡小豆はこしあんにアレンジ、いちご以外にもみかんやバナナなど、フルーツ大福にアレンジできます🤤

今回はラカントホワイト(顆粒)を使用し、白玉感強めで作成してみました!

 

お店で買ったり、砂糖で作ったりするよりも低糖質・低カロリーなので、皆様もお家で是非作ってみてくださいね😄 🍴

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

次回の栄養士ブログもお楽しみに♪

出典・引用:「自然派甘味料 ラカントS」

https://www.lakanto.jp/lakanto/

調剤薬局栄養士
栄養士コラム, 栄養士のつぶやき

こんにちは!
石川県金沢市にある、朝霧台あおば薬局の管理栄養士 池田です。
2月のブログを担当させていただきます。よろしくお願いいたします。 

今月は2023年10月に石川エリアで開催した栄養教室について紹介いたします。

石川県立図書館「百万石ビブリオバウム」の食文化体験スペースで栄養教室を開きました。
今回のテーマは「骨粗鬆症」で、9名の方にご参加いただきました。

~プログラム~
・骨の硬さチェック(機器を使って計測しました)
・薬剤師による骨粗鬆症予防についてのお話
・管理栄養士による骨粗鬆症予防の食事についてのお話
・骨粗鬆症予防の調理実演(「しらすと小松菜のふりかけ」とアレンジレシピ)
・試食会、アンケート

栄養教室で実演した「しらす小松菜のふりかけ」をご紹介いたします。
しらすと小松菜にはカルシウムが多く含まれており、
しらすにはビタミンD、小松菜にはビタミンKも含まれているため、骨の形成を促します!

★しらすと小松菜のふりかけ

〈材料〉
・しらす ・・・30g
・小松菜 ・・・200g
・めんつゆ・・・ 大さじ1
・ごま油 ・・・大さじ1
・白ごま ・・・大さじ1

〈作り方(所要時間約20分)〉
1)小松菜を5㎜幅に切る。
2)フライパンにごま油をひき、1)を炒める。
3)小松菜のかさが半分になるまで、水気を飛ばす。
4)しらすを加えてさらに炒める。
5)めんつゆを加えて、フライパンの底に汁が残らなくなるまで炒める。
6)火を止めて、白ごまを加え混ぜたら完成!
ふりかけは水気をしっかり飛ばすことで、冷蔵庫で約1週間保存できます。

最後に調理実演した~しらすと小松菜のふりかけ~を使用したアレンジレシピをお召し上がりいただきました。こちらも簡単にレシピを紹介いたします!

①おにぎり
材料(1人分)
・精白米 ・・・70g
・水  ・・・100g
・★ふりかけ ・・・30g
(鰹節はお好みで)

〈作り方〉
1)洗米する。
2)炊飯器に1)と水を入れ、約30分水に浸したら炊く。
3)炊けたらふりかけを混ぜ合わせ、おにぎりにする。

②かぼちゃサラダ
材料(2人分)
・かぼちゃ ・・・130g
・玉ねぎ ・・・30g
・★ふりかけ ・・・大さじ2
・マヨネーズ ・・・大さじ2

〈作り方〉
1)かぼちゃのわたを抜き、カットしやすいように600W1分レンジにかけて、一口大に切る。
2)玉ねぎは横に半分切り、2~3mm幅にスライスして600W1分レンジにかける。
3)1)に2)とふりかけ、マヨネーズを入れて混ぜ合わせる。

③ちくわのクリームチーズ詰め
材料(2人分)
・ちくわ ・・・ 2本
・クリームチーズ・・・ 10g
・★ふりかけ ・・・大さじ2

〈作り方〉
1)常温で軟らかくしたクリームチーズとふりかけを混ぜ合わせ、バットの上に厚さ5mmくらいに伸ばして冷蔵庫で冷やす。
2)1)をちくわの穴に合わせて棒状にカットして、ちくわに詰める。
3)食べやすい大きさに切る。
4)(食べるまで冷蔵庫で冷やしておく。)

今後も栄養教室や栄養相談会を計画しております。お楽しみに!

最後までご覧いただきありがとうございました!
来月の栄養士ブログもお楽しみに♪