新着情報

調剤薬局栄養士
栄養士コラム, 栄養士のつぶやき

こんにちは!
石川県金沢市にあります、小立野あおば薬局の管理栄養士 和田響可です。
8月の栄養士ブログを担当させていただきます。よろしくお願いします (*・ω・*)ノ

毎日熱中症アラートが出されるほど厳しい暑さの夏となりましたが、皆様体調を崩されていませんか?気象庁の最新の発表によると、今年の夏の暑さは9月上旬まで続くとのこと… (=ω=; )

食事と水分をしっかり摂って、夏を乗り切りましょう!

今月の栄養士ブログでは、先日石川エリアで開催させていただいた栄養教室の様子を紹介させていただきます。
6月21日、金沢市内に新しくオープンした 石川県立図書館「百万石ビブリオバウム」の食文化体験スペースで栄養教室を開きました。
第1回となる今回は「糖尿病」をテーマにし、7名の方にご参加いただきました。


              ↑石川県立図書館 百万石ビブリオバウム

~6月21日当日のプログラム~

・薬剤師による糖尿病についてのお話
・管理栄養士による糖尿病の食事療法についてのお話
・血糖が気になる方向けレシピの調理実演~桜エビのキッシュ風~
・管理栄養士考案1600kcalのランチ食事会


          ↑薬剤師による糖尿病についてのお話の様子


           ↑血糖が気になる方向けレシピの調理実演
~桜エビのキッシュ風~

栄養教室の最後に調理実演した~桜エビのキッシュ風~をメイン料理にした1日1600kcalの減塩ランチをお召し上がりいただきました。

今後も栄養教室や栄養相談会を計画中ですので、お楽しみに!
今月のレシピは栄養教室で好評をいただきました「桜エビのキッシュ風」です。

♪栄養教室で参加者の皆様に提供した減塩ランチ♪
・ご飯
・桜エビのキッシュ風
・ブロッコリーの胡麻マヨ和え
・大豆のトマトスープ
・ヨーグルトとブルーベリージャム

桜エビのキッシュ風(3人前)

材料
・アスパラガス      60g
・玉ねぎ         90g
・バター          9g
・しめじ         45g
・まいたけ        45g
・桜エビ         12g
●卵         2個
●豆乳        90ml
●塩           0.9g
・とろけるチーズ   30g

作り方 (所要時間約30分)
1)アスパラガスは筋を取って食べやすい長さに、玉ねぎは薄切りに切る。
2)しめじとまいたけは、半分の長さに切り、手でばらす。
3)1)と2)をバターで炒める。
4)3)と桜エビ、●を混ぜ合わせて耐熱容器に注いでチーズを散らす。
5)オーブンを200℃で予熱し、200℃で約15分焼き、
 さらにアルミホイルを被せ約5分焼いて完成!

最後までご覧いただきありがとうございました!
来月の栄養士ブログもお楽しみに♪ (*・ω・*)ノ

調剤薬局栄養士
栄養士コラム, 栄養士のつぶやき

こんにちは!

 

新潟県新潟市中央区にある、あおば薬局女池店の管理栄養士 森田みずきと申します。

今月のブログを担当させていただきます。よろしくお願い致します(^^)/

 

7月になりましたね!じめじめした梅雨の時期も終わり、夏がやってきますね(*^-^*)

 

夏になると、辛い物やすっぱいもの、冷たいものが食べたくなりますよね!

個々人で好みは違うと思うのですが、私は、夏になると特に「すっぱいもの」が食べたくなります。

 

「すっぱいもの」の代表格と言えば、「お酢」!!

お酢は体にいい、ということを聞いたことがある方も多いと思います。

 

では、お酢のどんな成分が体にいいのでしょうか??どんな効果があるのでしょうか??

今回のブログでは「お酢の力」について深く掘り下げていこうと思います(^^♪

 

 

  • お酢に含まれるすっぱい成分「酢酸」について

お酢の成分で一番有名なものは、文字通り「お酢」の「酸」と書く「酢酸」です。

お酢を食べてすっぱいと感じるのはこの「酢酸」と呼ばれる主成分に由来します。

そのほか、クエン酸、酒石酸、コハク酸など、お酢には100種類ほどの酸が含まれているんです!

 

 

  • お酢の効果について

では、そんなお酢の効果について、いくつか紹介したいと思います☺

 

・血圧を下げる効果

お酢に血圧を下げる効果があるのは、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

酢を調味料に使用すると相対的に塩分使用率が下がり、血圧が下がる、ということももちろんありますが、最近の研究では、お酢の中の酢酸という成分が、血圧を下げる働きがあると考えられています。

 

約大さじ1杯(15ml)の食酢を毎日摂取することで、摂取していない対象群と比較して、優位に血圧が低下した1)という研究結果が出ています!

 

また、酢酸を含む食品は、「血圧が高めの方に適する食品」としての表示が認められています。

特定保健用食品、一般的に「トクホ」と呼ばれているものです♪

血圧が気になる方は、お試ししてみるのもいいかもしれませんね!

 

・食欲増進効果

暑い夏、夏バテなどでどうしても食欲がわかない日があると思います。

酢には、食欲を増進させる効果も持っています。

梅干しレモンの写真を見ると、口の中に唾液が溜まりませんか?

酸を多く含む食品は、胃酸や唾液の分泌を促し、食欲を増進させる効果があります。

 

・疲労回復効果

そもそも「疲れ」というのは何かというと、「乳酸」という疲労物質が体の中に蓄積しているときに、私たちは「疲れたな」と感じています。

乳酸は自然と代謝され分解していきますが、その代謝を助ける働きを持つのが「酸」です

酢にはクエン酸や酢酸が含まれているため、疲労回復に効果があると言われています。

 

・保存性を高める

お酢には、食品の保存性を高める効果があります。

有名な食品として、魚の酢締めや、ピクルスなどが挙げられます。

酢には、腐敗の原因となる雑菌を殺菌する効果があるため、長期保存が可能になります。

 

 

  • お酢を使ったレシピを紹介

このように、お酢にはたくさんの効果があることが分かりました(^^)

お酢の力をうまく活用して、暑い夏を乗り切っていければいいですね。

 

最後に、お酢を使ったレシピを紹介して、今回のブログを終わりたいと思います!!

 

ご紹介するレシピは・・・「簡単!混ぜ込み ちらし寿司」です!

 

 

【作り方】

①きゅうりは小口切りにし、●塩をふる。

②カニカマは細かく裂いておく。

③鶏卵2つをボウルに割入れ、〇砂糖を入れよく混ぜ、〇サラダ油をしいたフライパンで炒り卵を作る。

④豚ひき肉をフライパンに入れ、◆酒、◆しょうゆ、◆砂糖を入れて、汁気がなくなるまで煮詰める。

⑤ごはんにⒶを入れて混ぜ、粗熱をとる。

⑥⑤のうえに①~④を飾り付けて完成!よくまぜてお召し上がりください♪

 

 

暑い夏、食欲がない時は酢飯が大活躍します!

ちらし寿司というと手間がかかるイメージがありますが、このレシピなら簡単に作ることが出来ますので、

ぜひ作ってみてくださいね(*^^*)

 

では、今回のブログはここまで!ご覧いただきありがとうございました。

次回のブログもお楽しみに~~~(^^)/~~~

 

【参考】

1)mizkan,https://www.mizkan.co.jp/health/sunochikara/high-blood-pressure/

調剤薬局栄養士
栄養士コラム, 栄養士のつぶやき

こんにちは!
5月の栄養士コラムを担当します、小立野あおば薬局 管理栄養士の畝です。
過ごしやすい季節になりましたね〜(^^♪

先日、書店でレシピ本コーナーに立ち寄ったのですが「サイエンススイーツ」「実験スイーツ」といった本が何冊も並んでいました。
色とりどりの写真に惹かれ読んでみると、宝石のようやお菓子や、色が変わったり、固まったりと、まるで理科の実験をするように作れるスイーツのレシピ本でした  😯  

「料理は科学」という言葉もありますが、私達の身近では様々な化学反応が起こっていますよね。例えば、卵を加熱するとタンパク質が熱により変性して固まったり(熱凝固)、トーストやお肉を焼くと焦げ目がつく(メイラード反応)、などなど…

さて!ここで1つ、実験をしてみたいと思います。

しっかり冷やした水(200ml)に、クエン酸(1g)を溶かします。そこに重曹(1g)を混ぜると…炭酸水のできあがり!
(★クエン酸と重曹は、食用のものを使ってくださいね!)
何が起こっているのか?というと…
アルカリ性の重曹が酸によって中和されて、炭酸ガスが発生します。また、クエン酸ナトリウムという塩(えん)が生成されます。 

こちらを炭酸水好きのスタッフに試飲してもらったところ、「味がある!おいしい(^^)」とのことでした。この「味」というのは、まさに、生成された塩味のことです。
(★重曹の摂りすぎは塩分過多になるので、1日の摂取目安は3gまでにしましょう)

お子様と作るのもおすすめですよ。いつもと違った視点でお料理を楽しんでみてくださいね!!
では最後に、炭酸水を使ったレシピをご紹介します。

はちみつレモンソーダ

材料
炭酸水  200ml                                          
レモン汁 大さじ2
はちみつ 大さじ1
氷    適量

作り方

  •  レモン汁とはちみつを混ぜ合わせておく。
  •   1)に炭酸水をゆっくりと注ぎ、氷を入れてできあがり!

※はちみつは1歳未満のお子様には与えないよう注意してください。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました(^^)
次回の更新もお楽しみに♪