新着情報

調剤薬局栄養士
栄養士コラム

こんにちは。 😀 

12月は新潟県三条市にあるさくら調剤薬局🌸 管理栄養士の羽生が担当させていただきます!!(^^)!

師走に入り、今年も残すところあとわずかとなりました。
皆さんにとって2020年はどんな年でしたか?

今年は新型コロナウイルスの拡大で今までと違う一年を過ごされたかと思います。

だんだん寒くなってきてストーブ・暖房をつけて家でまったり・・・でも忘れてはいけません。

 

そう、換気を!

 

冬はインフルエンザ、コロナウイルスなどウイルスが集まる条件が揃っています。
空気を循環し、ウイルスを外に出すためにも寒い 😿ですが、定期的な換気を心がけましょう!

換気時間の目安としては、一般家庭では「1時間に5~10分ほど」と言われています。
ただ1つの窓を開けるだけでなく、その対角線上にある他の窓も開けて、家全体に空気の流れをつくるように、換気経路を考えることが重要です。

 

さて、話は変わりますが、皆さんは冬といえば何を思い浮かべますか??

雪、クリスマス、冬至、コタツ、みかん…コタツにみかんの風景は冬の風物詩ですよね。🤤
そこで今回は冬に欠かせない果物、みかんについてご紹介したいと思います。

日本人が一般的に思い浮かべるみかんは主に温州みかんです。

みかんにはビタミンCβ₋クリプトキサンチンクエン酸などの栄養素が含まれています。
以下にそれらの栄養素がもたらす効果について挙げました。

 

みかんの実に含まれる栄養と効果

🍊ビタミンC

  ・・・老化やがん・動脈硬化の抑制、免疫力を維持する、肌の健康をサポートする、などの働きがある
     みかん3個程度で1日に必要な摂取量を摂ることができる

🍊β₋クリプトキサンチン(黄色い色素の成分)

  ・・・体内でビタミンAになる(ビタミンAの働き:目や皮膚の粘膜を健康に保つ)
     老化やがん・動脈硬化の予防、骨粗鬆症や生活習慣病の予防に役立つ

🍊クエン酸

  ・・・みかんの酸っぱさを作り出す栄養素、疲労回復効果や血をきれいにする働きがある

🍊カリウム

  ・・・ナトリウムを排泄し、血圧を下げる働きがある
     体内の塩分と水分のバランスをよくすることで、むくみの解消に役立つ

🍊ペクチン(薄皮に含まれる)

  ・・・腸内環境を整える、コレステロール値を低下する働き

🍊ヘスペリジン(薄皮・白いスジに含まれる)

  ・・・血流の改善(冷え性改善)、目のかゆみや鼻水などアレルギー症状の緩和、骨粗鬆症予防の働きがある

 

また、みかんの豆知識としまして、
美味しいみかんの見分け方

・色が濃いもの

・皮のキメが細かいもの

・重みがあるもの

・皮の色が黄色よりも赤みが強いもの

です!保存方法では

・適度に湿度が保たれていて風通しが良く、3~8℃くらいの涼しい場所で保管すること

・箱に入ったまま保存する場合は、ふたを開けて通気性を良くすること

・つぶれたところから腐ってしまうので、箱の下のものから食べるように心がけること

ポイントです。

 

みかんは水分量が多いのでエネルギー(kcal)が低く、ダイエット中の人にオススメです。
ですが、美味しいからと言ってくれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

 

また、みかんを貰って大量に余ってしまった。たまには違った工夫で食べたいわ、なんて思ったことありませんか??
ここから先はみかんを活用したちょっぴりおしゃれな料理をご紹介します。

🍊鶏もも肉みかん煮

【材料】(二人分)             
・鶏もも肉   1枚    
・みかん    Mサイズ2個
・サラダ油   適量  
◆醤油     大さじ1
◆みりん    小さじ2
◆水      1/2カップ

【作り方】
1)みかんは皮をむき、1房ずつバラバラにする。
2)鶏肉は一口大に切る
3)フライパンに油を入れ、鶏肉の皮目を下にして強火で焼く
4)焼き目がついたら火を弱めて裏返す
5)1)のみかんを半分くらいにちぎりながら入れ、◆を入れて弱火で調味料がなくなるまで煮る、

ポイント
🍊みかんの色素成分、β₋クリプトキサンチンは油に溶けやすいため、油と一緒にとると体内への吸収率が高まります。
🍊みかんにはたんぱく質分解酵素が含まれているため、お肉と一緒に調理することで、お肉が柔らかくなります。

 

いかがでしたか?みかんも実はこのように料理に活用できるんです。

ぜひお試しください(^o^)

 

今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました 🙂 
来年の更新もお楽しみに~~  

調剤薬局栄養士
栄養士コラム

こんにちは 😀

新潟県新潟市秋葉区新津にありますさくらんぼ薬局 管理栄養士の土田が担当させていただきます。よろしくお願いします!

毎日冷え込む寒さになってきました…。季節の変わり目は、風邪やインフルエンザなどの感染症が流行する時期です。

今年はコロナウイルスとも闘っていかなければなりません(^-^;

感染症に罹らない体づくりを心掛けましょう(* ̄0 ̄)/

 

今回はこの時期知っておきたい“免疫力”についてお話します。

 

免疫力とは…

身体の外から入ってくる細菌やウイルスなどから身体を守る、自己防衛機能のことです。

睡眠不足やストレス、偏った食生活など様々な要因で免疫力が低下します。

免疫細胞の約7割は腸に存在するといわれています。腸内環境を整えることで免疫力が高まります。また、抗酸化作用(ビタミンA・C・E)のある食品を積極的に摂り入れることも効果的です。

 

耳にしたことがある方も多いと思いますが「抗酸化」とは、活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑える働きのことです。抗酸化作用のある栄養素について、体内で生成されるものもありますが、食事からの摂取が可能です。

ビタミンA・C・Eのほかに、ポリフェノールやカロテンと呼ばれるものにも多く含まれており、免疫力の上昇や老化防止、動脈硬化、がんの予防に役立ちます。

 

免疫“に関連する栄養素、はたらき、食品をご紹介します。

 

たんぱく質:免疫細胞の主成分となり、ウイルスの侵入を防ぎます
       食品例)肉類、魚介類、卵類、乳製品、大豆製品

乳酸菌:腸内細菌を整えることで、免疫力が高まります。
     食品例)ヨーグルト、キムチ、チーズなど

食物繊維:腸内で悪玉菌などの排出を促し善玉菌を増やして腸内環境を整えます。 
      食品例)野菜類、豆類、きのこ類などの植物性食品

ビタミンA:鼻や喉の粘膜を保護し、ウイルスの侵入を防ぎます。
       食品例)レバー、にんじん、モロヘイヤなど

ビタミンC:体内に侵入したウイルスを攻撃し、体外に追い出します。
       食品例)じゃがいも、ピーマン、パプリカなど

ビタミンE:免疫力を高め、細菌やウイルスを撃退するのに役立ちます。
       食品例)かぼちゃ、大豆、アーモンドなど

ビタミンA・C・Eは一緒に摂取することで相乗効果があるともいわれています。

1日3食規則正しく、主食・主菜・副菜を基本にバランスの良い食事をすることが大切です。

普段の食事に乳製品や果物を1品プラスするのも良いと思います。

献立を考えるときに意識してもらえたら嬉しいです(#^.^#)

 

今回は「かぼちゃとれんこんの挽き肉グラタン」を紹介します 🙂

材料(2人分)

○かぼちゃ:300g         ○バター:20g

○れんこん:50g          A小麦粉:適量

○合い挽き肉:100g         A牛乳:250ml

○玉ねぎ:1/2個          ○ピザ用チーズ:適量

○にんにく:2片           ○油:少々

〇砂糖:小さじ1           B塩こしょう:適量

〇醤油:小さじ1          〇パセリ:お好みで

作り方
1)かぼちゃは種とわたを取り除き1cm角切り、れんこんは小さめの乱切り、玉ねぎは薄切り、にんにくはみじん切りにする。

2)フライパンに油をひいてにんにく(1片分)を炒め、挽き肉を入れて色づき始めたら●を入れて煮詰める。

3)2)にかぼちゃを加え、柔らかくなったらグラタン皿に移す。オーブンレンジを220℃(15分)で予熱する。

4)フライパンでバターを溶かし、にんにく(1片分)・玉ねぎ・れんこんの順に加え、玉ねぎがしんなりしてきたらAを少しずつ加えてかき混ぜる。とろみがでてきたらBを入れて味を調える。

5)3)のグラタン皿に4)を加え、チーズ散らす。220℃で10~15分焼き色がつくまで焼く。お好みでパセリを散らして完成!

ポイント
野菜不足になる冬の時期、長期保存がきく栄養たっぷりなかぼちゃを使用したレシピです。

れんこんは、ビタミンB12、ビタミンC、カリウム、食物繊維などが含まれており、ストレスの緩和や疲労回復、整腸、老化防止等に効果があるといわれています。

調理前の手洗い・うがいはもちろん、食事からも栄養素を摂り入れて風邪、インフルエンザなどの感染症に罹らないようこの冬を乗り越えましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございました(^.^)/~~~

来月もお楽しみに!

調剤薬局栄養士
栄養士コラム

 

 

こんにちは! 🙂 

 

新潟市中央区女池にある、あおば薬局女池店の管理栄養士 森田みずきと申します。

今月のブログを担当させていただきます。よろしくお願い致します(^^)/

 

 

10月になって肌寒くなり、いよいよ秋🍁も深まってきましたね。

お芋きのこなど秋の旬の食材がとてもおいしい季節になりました♪

 

今回のブログは、秋の旬の食材であるきのこについてお話していきたいと思います!!🍄

 

 

みなさんは、きのこときいて何を思い浮かべますか?

 

しめじ、なめこ、エリンギ、えのきたけ、しいたけ、きくらげ、まつたけ・・・と、

食用のきのこを思い付くだけ羅列してもこれだけたくさんの種類があります。

世界三大珍味といわれているトリュフも、食用きのこのうちの1つです(一 一   )

 

 

そんな沢山の種類があるきのこは、香りや歯ごたえなどが特徴的な食材ですが、

きのこの栄養素は何が豊富か知っていますか? 💡 

 

実は、きのこは食物繊維ビタミンDビタミンB1ビタミンB2・・・などなど、

たくさんの栄養素を含んだ食品なんです 😯  😯 

 

それぞれの栄養素について詳しくみていきましょう♪

 

 

  • 食物繊維

食物繊維は、腸内環境を整えて便通を良くしたり糖の吸収を穏やかにしたりする働きがあります。

食物繊維は日本人が不足しがち、積極的に摂取したい栄養素の1つです。

特に、きくらげは食物繊維を多く含むきのこの代表格です!

 

 

  • ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進するはたらきがあり、骨を丈夫にするのに必要な栄養素です。

また、きのこにはエルゴステロールという、ビタミンDをつくるもとになる栄養素も含まれています。

エルゴステロールは、太陽の光☀ に当てることでビタミンDになる栄養素なんです!

しいたけを天日干しすると、ビタミンD量は当てていないものに比べておよそ10倍量になることがわかっています。

※一般財団法人きのこセンターHPより

 

 

  • ビタミンB群

きのこには、ビタミンB1およびビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンB1は、疲労回復効果のあるビタミンで、糖質の代謝を助けてくれます。

ビタミンB2は、脂質の代謝のお手伝いをしたり、健康的な肌や髪をつくったりするはたらきがあります。

 

 

そのほか、きのこには、

・たんぱく質のもとになるアミノ酸

・脂肪燃焼効果が期待されているオルニチン

・イライラや神経の高ぶりを抑えてリラックスさせる効果が期待されているGABA

などの栄養素も含まれている食品です。

 

また、きのこは90%が水分💧で脂質がほとんどない品種が多いため、

エネルギー量が少なく、体重を気にされている方にもお勧めです(^_-)-☆

 

では、最後にきのこを使ったレシピを紹介します♪

 

 

いつもの卵焼きに、あんかけをプラスして秋の味覚を楽しむことができます。

また、上記レシピに使用したのは「しめじ」「しいたけ」でしたが、色々なきのこでアレンジが可能です 💡 

 

を感じるためにも、おうちできのこ料理を楽しんでみるのはいかがでしょうか(^O^)

 

では、今回はここまでです!

読んでいただきありがとうございました 🙂 

次回の更新もお楽しみに(^^)ノシ~~~